会社案内

バイク技術研究所とは?

(有)バイク技術研究所は航空機と自動車のDNAを受け継いだ自転車及び自転車部品の設計開発、
製造及び販売をしている会社です。

設立の経緯

国産旅客機YS-11製造会社(日本航空機製造)に2年、トヨタ自動車に32年の開発経験を生かして、2005年に有限会社バイク技術研究所を設立し、エコロジー時代を先取りした次世代の自転車及び自転車部品の研究開発を行っています。 自転車の開発はトヨタ自動車社内を含めて2010年で11年になります。

会社理念

目標

・研究と創造に心を致し、常に時流に先んずる。

・環境、人間に優しい移動ツールを提供して、社会に貢献する。

・社員の自己実現と会社の存続発展の一致をはかる。

方針

・お客様を中心に置いた製品開発事業を推進する。

・市場や需要を新たに創造する製品を開発する。

・質重視とリアルタイム経営で、会社の個性を磨く。

・地球資源が有限であることを認識し、環境の保全に配慮する。

行動基準

・法および社会規範を遵守する。

・誇りと謙虚さを持って行動し、また事業活動の透明性を維持する。

・知的財産権を尊重し、また機密を完璧に守る。

・創造的破壊の精神で創意工夫に努める。

・自律自助の精神で臨む。

プライバシーポリシー

・個人情報保護に関する重要性と社会性を十分に認識し、その保護の徹底をはかり、お客様から信頼を得る為に、以下の取り組みを実施、維持します。

・全社員が一体となって個人情報の適切な取り扱いを実現し、社内体制の構築、継続的な見直しと改善に努めます。

・お客様の個人情報を直接的にご提供頂く場合は、事業目的の達成に必要な範囲内で収集・利用致します。また、事前に収集目的を明らかにし、お客様の同意を頂きます。

・お客様の個人情報を適切に管理し、以下の場合を除き第三者に開示、提供をいたしません。

(1) 事業目的の達成に必要な範囲内で同意を得た場合に、個人情報の取り扱いを協力会社、
業務委託会社、関連会社に委託する場合(資料及び製品の発送を運送業者に委託する場合等)

(2) 法令等に基づき個人情報を要求された場合

・個人情報の重要性を常に認識し、漏洩・破壊・改ざん・紛失を防ぐために、必要かつ適切な完全管理処置を講じるとともにその改善に努めます。

・個人情報を取り扱う責任者を設置し、ご提供頂いた個人情報のお問合せには、適切に対応致します。

・個人情報の取り扱いにおいて、個人情報保護に適用される法令及びその他の規範を遵守するとともに個人情報保護に関する社内規定を整備し継続的な改善に努めます。